有機野菜・無農薬野菜お取り寄せ体験レポート

ホーム » 有機・無農薬野菜お取り寄せ体験レビュー » 野菜宅配サービス業者レビュー »

ミレー・早川社長インタビュー(中編)

I野菜の仕分け風景

物流コストや労力的な問題により「卸」から「小売」に切り替え、早い段階から野菜の宅配サービスを展開しているミレー。

引き続き、早川社長へミレーの特徴や商品に対する思いなどを伺いました。

ミレー・早川社長インタビュー前編はコチラ

早川社長
ミレーのある千葉県香取郡は全国的にも特異な場所だと思っています。その場所の良さを最大限に活用し、最短でのお届けができるようになっています。
うか
場所の良さと言いますと?
早川社長
千葉県は意外なことに野菜の生産額が全国1位の県でして、しかも、ミレーの周りには、有機栽培のグループが十数件も密集しており、多品目を近場で調達することができるんです。
仕入れに、物流を使い、コストと時間をかけて調達するということが非常に少ないんです。場所と生産者に恵まれていることに感謝しながら運営しています。
うか
そうなんですか!
場所の良さと生産者に恵まれているって、他の業者が同じ事をしようとしてもなかなかできないですもんね...(ミレーの野菜が美味しい理由の一端はここか...ボソッ)
ところで、御社がサービス(有機野菜・無農薬野菜の宅配)を展開するにあたり、最もこだわっている部分はなんですか?
早川社長
商品そのものに焦点を当てるというよりも、それを作る人の考え方、人柄に焦点を当てて紹介してきたいと思っています。
生産者を気軽に取材できるのも、ミレーが消費地にあるのではなく、生産地に近い所に拠点を構えているからできることだと思います。
うか
あ、ここにも「場所の良さ」が出ているんですね。
作っている方の顔が見えると、思いが伝わる分、よりおいしさを感じるなんてこともあるかと思いますし、「食の安全・安心」という点からしても「顔が見える」というのは信頼できていいですね。
さて、その生産者さんについて、社長が多くの生産者の方々と接してきて、驚かれた「こだわり」などはありますか?
早川社長
ある農家さんを取材した際、このような言葉を語っておられました。
「農家はね、技術者であり、経営者であり、労働者であって、はじめて農家なの。」
その言葉の中に、生産者の深いこだわりを感じました。
うか
「野菜を育てる」と一言で片付けてしまいがちですが、これは深い...。私は農家ではありませんが、こういう意識、見習いたいですね。

後編に続く

▲このページの一番上に戻る